×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

軽自動車 保険 通販

代理店型と通販型自動車保険の違い

保険には代理店型と通販型自動車保険という分け方をすることもできます。では、この二つを比べたときにどちらの方がいいのでしょうか。

 

ここでは、代理店舗型と通販型自動車保険を比べたときの違いについて、その中でもよく言われることについて詳しく説明していきましょう。

 

代理店型の保険が売りにしているのが、通販型の自動車保険では事故のときに担当者が来ないから困る。その点、代理店型なら実際の事故の際に代理店が駆けつけることが出来るから安心、というものです。

 

ですが、実際の事故のときに代理店が駆けつけてもやれることはないというのが現実です。事故が起きたら、警察を呼んで後は保険屋同士の話し合いになるので、そこで電話で連絡をすれば問題ありません。

 

むしろ、経験にとぼしく知識も少ない者が現場に駆けつけてしまったために、間違ったアドバイスによってトラブルになることすらあります。

 

逆に通販型の自動車保険の事故対応の担当者はプロ中のプロです。なぜなら、通販型では利用者の評価が悪ければそれがその保険の評判に直結してしまうからです。

 

通販型の自動車保険は、代理店型と異なり直接契約となります。つまり、その分余計な人件費も掛からず中間マージンも省かれることになります。

 

ですから、保険料が安くなるのです。逆に代理店型ですと、人件費や中間マージンが保険料に上乗せされる形になりますので、その分高い保険料を支払うことになります。

 

以上より、保険に入るのでしたら通販型の自動車保険のほうがお得であることがわかると思います。もちろん、代理店型の保険にも「担当者に全て任せることが出来る」「自宅まで来てもらえる」というメリットがあります。

 

そうした面を踏まえたうえで、一括での見積もりを行うことで、自分自身に一番ぴったりの保険を探すことが出来ます。