×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

軽自動車 車両保険

軽自動車の車両保険

自動車保険には色々な保険を付帯することになりますが、その中で問題になるのは車両保険をつけるかどうかということです。なぜなら、車両保険をつけることで保険料がとても高くなってしまうことがあるからです。

 

ですから、ここでは車両保険に入るべきかどうかについて説明していきます。

 

車両保険の保険料は、車の車種や等級によって違ってきます。車種によって違うというのは、つまり高級車であればあるほど、その分車両保険金額も高くなってきます。つまり保険料が高くなるというわけです。ただ何となく車両保険に入るのでしたら、それはとてももったいないことになります。

 

逆に、これまでに事故を起こさないでいると、「等級」が高くなります。これが高くなるとその分保険料が割り引かれますので、保険料が安くなるという結果になります。そして、車両保険を使うと、この等級が下がってしまいますので、その部分も意識しておく必要があります。等級が下がれば保険料が引き上げられてしまいますからね。

 

ここで大雑把に言ってしまえば、車両保険というのは、自分の自動車を守る保険です。ですから、新車で買った場合やローンで購入した場合は入ったほうがいいといえるでしょう。なぜなら、修理代金との兼ね合いを考えたときに、保険料が上がっても修理代金に保険のついてる方が金額的にお得であることが多いからです。

 

逆に一括で買ったりした車でしたら、車両保険の支払いの分だけ損になることも少なくありません。とは言っても型落ちの安い車でも事故被害を受けた際に徹底的に直すというのであれば、それだけ修理費も掛かりますからね。

 

ですから、そのあたりはケースバイケースになりますので、どれだけ車に愛着があるのかというのを目安にするのもよいでしょう。